車買取 豊田市

ローン残債があっても車を売ることが可能?

ローン残債があっても車を売ることができるのか

ローン残債があっても車を売ることができるのか

 

い方で新しいもの好きな方には朗報です!

 

毎年様々な新車が発売されますよね、毎年魅力的な新車が出るので次々に新しい車に乗り換えたいと思うのは、誰しも思うのではないでしょうか。

 

一生に乗れる車の数には限りがありますので、様々な車に乗ってカーライフをエンジョイすることが、人生を豊かにするのだと思います。

 

若い方でまだローンが支払い終わっていないというのに新しい車に乗り換えてみたいと思うことはありませんか。

 

車というのは購入してから時間が経てば経つほど相場というものは下がるのですが、逆に相場が大きく下がる前に、車を乗り換えるという方法は、実に合理的なんです。

 

新車登録後の初回の車検というのは3年目にありますが、3年目での車の乗り換えというのは実はオトクなんです。

 

というのも3年目では少なくとも新車購入価格の50%程度の下取り相場というものがあるためです。

 

一般的には年間走行距離が1万キロ程度であれば標準的な走行距離であり大幅な減点要素が無く、高額査定が十分に期待できます。

 

また、売却した価格でローン残債の大半を支払うことができるかと思います。

 

ですので3年おきに車を乗り換えるということも実は可能なんですね。

 

結論は、
ローン残債があっても、車を売ることが可能です。

 

 

注意しなければいけないのはあなたの車の車検証の名義を確認しておくことです。

 

車検証の名義があなたの場合は大きな問題はありません。

 

車検証の名義があなた以外の場合、例えば車販売会社であったり、クレジット会社の名義になっている場合は、必ず名義人に車を売却してもよいかを確認しておいてください。

 

一般的には車を売却する価格でローン残債を支払うということを申し出れば、大抵は売却を承認してくれるはずです。

 

もし売却した価格でもローン残債を支払いきれないという場合でも、差額を別途現金で支払う、ということを条件にしておけば、基本的に承認がおります。

 

なお、これはテクニックなのですが、車を売ろうとしている車買取会社にはローン残債があるとは初めから言わない方が良いです。

 

なぜなら、はじめにローン残債が残っているということを言ってしまうと、それを盾にして、安値で買い叩かれる可能性があるからです。

 

この時、「後からローン残債があると言っても問題がないか?」ということですけども、車買取の価格が決まった後に、「ローン残債がある」という事を後から伝えて買取を断られたというケースを、サイト管理者はほとんど聞いたことがありません。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ