豊田市 車買取り 一括査定

車買取屋さんさんは、自動車税を誤魔化している?

自動車税
買取の時に、車屋は自動車税を曖昧にして儲けていることがあります。

 

自動車税の仕組みを一般の方が知らないことが多いので、充分な説明をしないまま、誤魔化しに近いことをしているので、自動車税に関する知恵を付けておくと買取の時に+α高く売れることがあります。

 

車を所有する以上、毎年、納税をしないといけない自動車税は5月末日が納付期限となっています。

 

5月以降に買取に持って行くと、車屋は自動車税が払われている前提で値段を指します。

 

自動車税の仕組みが買取価格を安くしてしまう

自動車税の月割り
この図では年間自動車税を120として表しています。4月から毎月10ずづ課税されるイメージ(赤矢印)です。

 

自動車税は5月に納めるのですが、4月から翌年3月までの年額の自動車税を納めるのです。

 

自動車税は3月末の名義の人に納付書が届きます。4月1日の1日だけでも名義になっていれば1ヶ月分の納付義務があると思ってください。

 

ですから4月に車を買い取ってもらう場合は1ヶ月分は負担をすることが一般的です。

 

勿論、買取の商談の時に年額払ってもらう交渉はアリです。

 

この交渉は4月、5月で車買取屋さんへ持って行った時に起きやすい話になります。

 

ところが、6月に入ると自動車税は、納税されていることが前提となるのでこのような話にはなりづらいですね。

 

『買取価格+自動車税』にする交渉テクニック

買取屋さんの原価計算は、こちらで説明している通りです。

 

この計算式からすれば、自動車税込みで買取価格を決めることは車買取屋さんに取っては有利なイメージがありますね。

 

一般の方は消費税のことも、自動車税のことも詳しい知識はありませんので、触れないまま買取価格の交渉をすれば、商談は成立することになります。

 

税込価格が当たり前の習慣で買取をしてる車買取屋さんにとって、自動車税を言われると「ドッキ!」とするでしょう。ボーナス時期前までは、自動車税を未納の方も時々いらっしゃるので、意識をしている車買取屋さんも多いでしょうが、秋口になれば、すっかり忘れている状態でしょ。

 

そんな心理状態の時に「自動車税は別でもらえますよね」と言われれば・・・・
「ヤバい!」と思うか?「ムッカ!」とするかでしょう(笑)

 

「ムッカ!」とした買取屋さんは「税込の買取価格ですから」と逃げようとするでしょう。そんな発言は、買取屋さんの信用を失うことにも繋がります。

 

ほぼほぼ、買取価格も決まって買い取り屋さんも、その気になっている時に、
“信頼関係喪失”的なメッセージを投げると、どんな反応をするかですね。

 

目の前の利益の為に、自動車税を払うと言い出すか、ムッカ!とした勢いで断って来るかですね。

 

フェアな交渉なのかどうかは置いておいて、自動車税の数万円を買取価格に反映させる方法があるということは覚えておいてください。