車買取 豊田市

新車レポート ホンダCR-V

かつて日本でヒットしたCR-Vが再び日本に帰ってきます。

 

今度はグローバル基準で世界統一仕様となります。

 

CR-Vは、ホンダが生産販売を行っているミッドサイズのSUVです。

 

1995年に登場、2013年に、CR-VよりもコンパクトなSUVヴェゼルが発売されたことでCR-Vの存在感が薄くなりました。

 

しかし復活します。

 

エンジンタイプはハイブリット I-MMDとステップワゴンなどにも搭載される1.5Lダウンサイジングターボエンジンとなります。

 

 

ホンダのハイブリッドシステム I-MMDとは

システムはオデッセイなどにすでに採用されている、上級のハイブリッドシステムとなります。

 

何がすごいのか?

 

エンジンとモータを自在に使い分けることが出来るのです。

 

エンジンの動力のみで走行もできるし、モータ駆動の動力のみでも走行できる。

 

 

日産のe-powerと違うのは、エンジン動力だけでも走行できること。

 

日産と同様に発電用としてエンジンを駆動するが、一定のパワーは必要となればエンジン動力を直接使うことが出来る。

 

エンジンとモータのそれぞれ一番おいしいところだけを使うので、燃費が最も良くなるのです。

 

トヨタのハイブリッドシステムを凌駕することが可能になります。

 

あとはそれぞれのユニットの効率と制御の匠さ、車の基本性能での戦いとなります。

 

ホンダのハイブリッド技術がSUVに搭載されるのは、欧州では新型CR-Vが初、ということで、グローバル規格で生産されます。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

ホンダ 新型CR-V パワートレインは?

 

  • 直噴2.4リットル DOHC「i-VTEC」エンジン:最大出力184hp
  •  

  • 直噴1.5リットルターボエンジン:最大出力190hp

 

 

先進運転支援システム(ADAS)の充実ぶり

 

CR-Vの2018年モデルには、前方衝突警告(FCW)と歩行者検知機能を備えた衝突軽減ブレーキ(CMBS)、車線逸脱を伴う道路逸脱軽減(RDM)などの機能を含む「ホンダ・センシング」を、「EX」以上のグレードに標準装備しています。

 

また、低速追従機能付きのアダプティブクルーズコントロールとレーンキーピングアシストも付きます。

 

オプションでは、

 

  • ブライドスポットインフォメーション
  •  

  • リアクロストラフィックモニター
  •  

  • 自動ハイビームヘッドライト

 

安全装備の充実が見られますね。

 

ホンダ 新型CR-V ボディサイズは?「ヴェゼル」よりも大きい?

 

 

ホンダのコンパクトSUV・ヴェゼルに対する気になる、新型CR-Vのボディサイズを比較すると・・・

 

  • ボディサイズ:全長4,605mm×全幅1,820mm×全高1,685mm
  •  

  • ホイールベース:2,630mm

 

これは、ホンダのヴェゼルよりもひと回り大きくなります。

  • ヴェゼル:全長4295×全幅1770×全高1605mm
  •  

    全長の違いが310mmあります。車内の広さは違います。運転した感覚も明らかに異なるかと思います。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ