豊田市で車買取一括査定依頼時には車の最新事情も知っておこう

クルマ最新情報

 

 

トヨタカローラスポーツ発売開始

 

 

 

トヨタスープラ発売開始

基本骨格などは新型 BMW Z4 と同一です。
BMWフィロソフィーを感じることが出来ると思います。
シャーシー性能は一級品です。

 

シャーシー、プラットフォームは一朝一夕には作れないですから。
しかしトヨタがここで学んだことは大きいと思います。
今後の車づくりに活かされると思います。

 

コンセプトは・・・
両立より一点突破を。
効率よりエモーションを。
すべてに満点は求めない。
目指したのは究極の“走る愉しさ”。
ただそこに純粋に向かって。
受け継がれてきたフィロソフィー、
最先端のテクノロジーを両輪に。
これまでも、ここからも。
Supraは、自分の道を走ってゆく。
引用 スープラ公式HP
トヨタ GRスープラ

 

トヨタRAV4発売開始

新型RAV4の開発コンセプトは「Robust Accurate Vehicle With 4 Wheel Drive(SUVらしい力強さと使用性へのきめ細かな配慮を兼ね備えた4WD)」。デザインはSUVらしい力強さと洗練さを融合しており、クラストップレベルのラゲージスペースはあらゆるシーンで使用可能。ラインアップは、TNGAの思想に基づいた直列4気筒直噴エンジン「2Lダイナミックフォースエンジン」と、無段変速機「Direct Shift‐CVT」を組み合わせる「X」、「G」、「G Zパッケージ」、「アドベンチャー」、ハイブリッド車には、TNGAの思想に基づいたエンジン「2.5Lダイナミックフォースエンジン」を搭載した、「ハイブリッドX」、「ハイブリッドG」を設定。(引用 トヨタ gazoo

トヨタカムリ発売開始

TNGAを新たに導入し刷新

 

新型クラウン発売が間近となった

TNGAを全面的に採用したクランンは・・・

 

ペダル踏み間違いや死角に挑むデータシステム、最新モデルを実装展示…東京オートサロン2018

(引用response)

「ニュースなどで見るあおり運転に、いつ巻き込まれるかわからない。だから前後をモニターで監視するというトレンドが高まっている」

 

同商品は、フルハイビジョンを超える高精細3メガ録画(2304×1296)と、2560×1080のウルトラワイド録画が売り。
「昨今のあおり運転トラブルなどもあり、ナンバープレートの数字や文字、運転手の顔など、高精細で細かな部分も映し出す」

 

 

イルカの目をクルマに持たせ、真横の存在をクリアに

 

サイドミラー下付近に設置するブラインドサイドカメラ「ドルフィン・アイ」(1万7800円、税別)は、マツダ ロードスターに実装して展示。
「その名のとおり、後方までの視野角を持つイルカの目のように、ドアミラーでは見えにくい真横から左後方まで幅広くカバー。並走するクルマの存在も直感的に把握できる」

 

 

「年々増加傾向にある、アクセルとブレーキの踏み間違い。それを未然に防ぐセーフティアイテムは今後標準化されるか?

 

今春発売予定の急発進防止装置、セーフティアクセルガード「SAG250」も先行展示。「年々増加傾向にある、アクセルとブレーキの踏み間違い。それを未然に防ぐセーフティアイテムがこれ。アクセル信号を常時モニターし、停車時または徐行時にアクセルペダルが急激に踏み込まれた場合、アクセル信号をキャンセルし、急発進を防止する」

 

ミニバンにはないマツダ CX-8 の“遊びゴコロ”…東京オートサロン2018

 

最大重量750kgの牽引装置「トレーラーヒッチ」 

 大人にも遊び心は必要ですね
(引用response)

 

トヨタ アルファードvsヴェルファイア 新旧徹底比較!

(引用 gazoo)

構造用接着剤によるボディ補強

 

ボディのつなぎ目を従来のスポット溶接だけでなく、構造用接着剤によって補強。 主に剛性が落ちる大開口部を中心に、スポット溶接の『点』の接着では無く、『面』での接着を施す事によりボディ剛性を強化している。
構造接着剤の適応範囲を広げた新型は、操縦安定性と乗り心地がさらに上のレベルに向上。

 

構造用接着剤は欧州が相当に先行しているが、今後の燃費規制の強化をにらみ異種材料の結合では重要なアイテムであり、国産メーカでも一気に採用が進む模様。

 

 

8速シーケンシャルシフトマチック

3.5Lエンジンに組み合わされるトランスミッションが多段化し、ついに8速に。
3.5Lガソリン車に搭載。
アイシンAW製新型 FF用8速オートマチックトランスミッション

トップレベルの伝達効率による車両燃費への貢献・小型軽量低重心による走りへの貢献
新8速ギヤトレーン・ロックアップ領域拡大によりダイレクト感あふれる走りを追求

 

燃費規制が強化される中、サプライヤメーカーも世界で戦っていますね。
そんな中、効率追求は待ったなしであり、トルコンATの理想形にすべく、従来の常識を破る構造革新を進められてますね。

 

具体的には、
・エネルギーロスを最小限にし、伝達効率を高めるためにギヤやクラッチなどに様々な対策を実施。
・ギヤは、歯面の摩擦係数を低くする新たな加工を施して、ギヤが噛み合う時のエネルギー伝達ロスを削減し、
・クラッチは、機構内の摩擦材形状を最適化し、回転時のクラッチの損失トルクを約50%低減(従来型6速AT比)するなど世界トップレベルの伝達効率を達成。
さらに、
・小型軽量化により車両燃費を向上させるとともに、低重心化により直進およびコーナリングの走行安定性を向上。

 

さらに、
・ギヤをワイド化するとともに、高性能・小型トルクコンバーターを新開発し、ロックアップ領域を拡大。
これにより、アクセル操作に素早く、滑らかに反応することで、ドライバーの思いどおりに反応するダイレクト感あふれる走りを追求。
売れること間違いなし?
(引用 トヨタ自動車)

 

クルマ最新情報記事一覧

いよいよトヨタ新型クラウンの発売!

クラウンにもついに、新型プリウスから搭載されている、TNGA(Toyota New Global Architecture)と呼ばれる新開発のプラットフォームを次々に採用し低重心化による高い空力性能とボディ剛性の向上、それによる衝突安全性能を図り、安全で快適な車となり、商品性が飛躍的に高まった。トヨ...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ