ポルシェからEV タイカン登場

ポルシェからEV タイカン登場

ポルシェタイカンリヤビュー
<ポルシタイカン 公式HPから引用>

 

ポルシェからピュアEV、タイカンが登場する。

 

Taycan

 

名前の意味は「生気あふれる若馬」だそう。

 

ポルシタイカン 公式

 

ポルシェタイカンコックピット
<ポルシタイカン 公式HPから引用>

 

タイカンの気になるスペックは・・・

 

  • パワートレインは2基の電気モーターを搭載し、パワーは761馬力!
  • バッテリー容量は83.7kwhでその航続距離は450km
  • 100km走行に必要な充電時間は28分、350kWの急速充電ステーションのプラグを差し込むと、4分で100km走行が可能
  • 最高速度260km/h
  • 0-100km/h加速は3.2秒
  • 価格は未定
  •  

    ポルシェタイカンモニター
    <ポルシタイカン 公式HPから引用>

     

    電気自動車EVをただのエコカーととらえているうちは電動車は普及しないかもしれません。

     

    電気自動車にしかできないこと。そこにヒントがあるような気がします。

     

    ポルシェの出した答えは明快です。

     

    ポルシェデザインは理知的に作り込まれていますが、それでいてもエモーショナルです。

     

    精密機械であっても無機的ではありません。

     

    工業製品としての完成度も非常に高い。

     

    躍動的なスポーツカーです。

     

    高級感もある。

     

    長く親しめる使いやすさも考えられている。

     

    ポルシェ誕生から変わらないデザインも生きている。

     

     

     

    ポルシェタイカン充電ポート
    <ポルシタイカン 公式HPから引用>

     

    電気自動車は新たなチャレンジだと思います。

     

    これが始まりなのでしょう。

     

    今できる限界を少し超えたところを目指す、ポルシェの考えが見えますね。

     

    既に、2万台以上の予約が入っているそうです。

     

    車には、このわくわく感が大切ですね。

    関連ページ

    いよいよトヨタ新型クラウンの発売!
    トヨタから待ちに待った新型クラウンが発売になる。TNGAプラットフォームをクラウンで初めて採用され走りの期待も高まる。
    グランエースが間もなく発表されます
    グランエースがついに発表 ハイエースとどう違うのか、アルファードとの大きさの違いは?
    トヨタビッツ改めヤリスに改名
    トヨタのビッツはヤリスに改名されますが、吉となるか?

    ホーム RSS購読 サイトマップ