世界戦略車ヤリスの実力は期待出来そう?

トヨタヤリスyarisは期待できるぞ

ヤリス
新しいニュースですが、日本で開催されたWRCテストラリーでyarisが優勝しました。

 

基本性能の高さが垣間見れると思います。

 

ラリーで実力が証明されると、YARISの人気も上がり、オプションパーツなども豊富に販売されることから、楽しみの幅が一気に広がります。

 

開発段階からWRCラリーで戦うことを前提に設計されていますから、当然のことかもしれません。

 

基本性能というのはあとからチューニングで何とかなるれベルではないので非常に大切なことです。

 

楽しみですね。

 

 

トヨタビッツはTNGAの洗礼を受けて、ヤリスとなって完全に生まれ変わります!

 

発売時期は2020年2月です。

 

このジャンルは世界的にもライバルが多いジャンルですが、そのなかで抜きんでた車を造れると世界的な評価も高まります。

 

燃費ではアクアがありますが超えることはできるのでしょう?

 

世界戦略車ですから、単に燃費の実に振っておとなしい特性ではユーザは満足しません。

 

なので、走りや乗り心地、使い勝手、予防安全など含めライバルを凌駕する必要があります。

 

さらに、後発であるがゆえに、いい加減なものは発売できないはずです。

 

プラットフォーム、ボディ、エンジン、ハイブリッドシステムなどあらゆる面で刷新されて、世界戦略車となりますね。

 

かつて、ビッツが出た当時、欧州などで同時発売されましたが、ヤリスはその時からのネーミングとなります。

 

燃費はこれまでのハイブリットシステムの2割向上となっており、車体軽量化、高速燃焼技術など今のトヨタの最新技術を惜しみなく投入してくるでしょう。

 

走りに関してはTNGAを盛り込んでいるのでこれまでに刷新された車種から期待が膨らみます。

 

進化が著しいのが衝突予防安全技術でしょう。

 

これまで、グレードで差別化していましたが、標準グレードになりつつあり、差別化は少なくなっています。

 

ヤリス

 

デザイン的にはトヨタらしいものに仕上がっていると思います。

 

スポーティーさを強調しているので、コンパクトハッチで良い走りを感じさせるものと言えるかもしれません。
ヤリス

 

関連ページ

いよいよトヨタ新型クラウンの発売!
トヨタから待ちに待った新型クラウンが発売になる。TNGAプラットフォームをクラウンで初めて採用され走りの期待も高まる。
グランエースが間もなく発表されます
グランエースがついに発表 ハイエースとどう違うのか、アルファードとの大きさの違いは?
ポルシェからEV タイカン登場
ポルシェの出したEVの回答

ホーム RSS購読 サイトマップ