車買取 豊田市

自動車売却時に必要な書類

車売却時に必要な書類

自動車検査証(車検証)

車検証の事例
自動車の所有者や仕様を証明するもので、売却時には必ず必要です。道路運送車両法では自動車の中に常に保管しておくことが義務付けられています。

 

通常、助手席前のグローブボックスに車検証を入れます。

 

自動車税納税証明書

納税証明
自動車税を納めた時にもらう証明書です。もし自動車税を納めていない場合は、納めるまで自動車の売却は出来ません。

 

もし紛失したのならば、普通車は都道府県の税事務所、軽自動車は市町村役所で再発行してもらえます。

 

普通車

豊田市の県税事務所はこちら

 

愛知県のその他の県税事務所はコチラ

 

軽自動車

豊田市役所納税課

 

自賠責保険証

納税証明
自賠責保険の期限切れになっていると、自動車を売却出来ません(名義変更出来ない)。

 

通常は車検証と一緒に保管します。

 

保険証を万が一紛失してしまった場合は保険会社に相談しましょう。

 

通常、任意保険の保険会社が自賠責保険も把握していずはずです。

 

もし分からない場合は車を購入したディーラー等に聞いてみましょう。

 

必要な書類
  • 自動車損害賠償責任保険証明書再交付申請書
  • 印鑑
  • 身分証明書のコピー

 

損保ジャパンの場合の例

 

自賠責保険証をなくした場合は、運転は絶対にダメです

自賠責保険証をなくした場合には、自動車や原付バイクを運転できるのでしょうか?

 

自動車やバイクの運転には、自賠責保険の携帯が法律で義務付けられています。

 

自賠責保険証明書は、常に自動車や原付バイクに携帯しておかなければなりません。

 

自賠責保険証を紛失したことに気付いたら、運転は絶対に控えましょう。

実印

普通自動車の場合は必須です。軽自動車の場合は認印で可です。

 

  • 実印とは、市区町村で登録した印鑑
  • 認印とは、シャチハタ以外の印鑑

 

実印は、委任状と譲渡証明書に捺印するときに必要です。

 

委任状と譲渡証明書は、自動車の名義変更を車買取店に依頼する場合に必要です。

 

豊田市での印鑑登録方法

 

名義人の印鑑登録証明書

納税証明
印鑑登録証明書とは、実印が正式に登録されている印鑑(市町村)であることを証明する書類です。

 

約300円の手数料で即時発行されます。2部とりましょう。

 

期限があり、3か以内のものが有効です。

 

軽自動車には不要です。

 

もし印鑑登録証明書を紛失した場合には、現在のものを廃止し、新たな印鑑を登録する必要があります。

 

住所変更がある場合は、住民票の写しが必要です。

 

引越などで、印鑑登録証明書と各書類の住所が異なる場合に必要。

 

軽自動車は不要。

 

住民票の写しは1通150円、印鑑登録証明書も1通150円で、豊田市内の役場または各地域の支所で発行してもらえます。

 

豊田市内の場合は以下15か所の市役所または支所にて受付可能です。

  • 豊田市役所 本庁舎
  • 豊田市役所 上郷支所
  • 豊田市役所 猿投支所
  • 豊田市役所 石野出張所
  • 豊田市役所 保見出張所
  • 豊田市役所 高岡支所
  • 豊田市役所 高橋支所
  • 豊田市役所 松平支所
  • 豊田市役所 藤岡支所
  • 豊田市役所 小原支所
  • 豊田市役所 足助支所
  • 豊田市役所 下山支所
  • 豊田市役所 旭支所
  • 豊田市役所 稲武支所
  • 豊田市役所 駅西口サービスセンター

 

 

豊田市の印鑑登録証明書発行方法

 

 

委任状・譲渡証明書

 

いずれも、売却先の買取店、ディーラー入手できます。

 

  • 委任状:車買取店等に名義変更などの手続きを代行するための書類
  • 委任状

     

  • 譲渡証明書:自動車を譲渡する取り交わしを証明する書類。
  • 譲渡証明

 

いずれにも実印が必要となってきます。軽自動車の場合であれば認印で可。

 

自動車リサイクル券の預託証明書

自動車リサイクル券は、リサイクル法に従い、リサイクル料金を支払った証明です。

 

車検時に必要。

 

紛失時は、預託証明書を以下から印刷してください
自動車リサイクルシステム


ホーム RSS購読 サイトマップ