愛車を営業マンの言い値で売るな

車買取査定額のカラクリとは

~査定額のカラクリとは?営業マンの言い値で売るとバカを見る~

 

車を売る前に理解しておきたいこと~査定額のカラクリとは?

 

車を売るという事を考えたとき、まずは査定からスタートします。

 

車買取査定は様々なやり方で出来ます。

 

あなたはマイカーがいくらで売れるか?まずは知りたいですよね。

 

マイカーを買ってもらえる価格の平均値が「車買取相場」になります。

 

逆にあなたが車を買うときの中古車の価格ですが、これが販売価格の相場です。

 

中古車価格の相場です。

 

見積とサービス内容を調べる

 

気が付いている人もいるかと思いますが、車買取り価格と車の販売価格には大きな乖離がありますね。一見、車販売業者の利益なのかと考えてしまいます。

 

まずはこの二つの価格の違いを把握することが大切です。

 

その情報を何パターンかあなたの頭にインプット出来たとき、あー、そうなんだー車買取業者さんは結構儲けているのかも、と思うはずです。

 

そうるすと、あなたはこのくらいの金額で売りたーい!と思うようになるはずです。

 

では、あなたの車はいくらなら売れるのか?実際に確認してもらうことを査定と言います。

 

相場は市場で決まる母集団の最小値~最大値まで様々な分布を持った統計データです。

 

あなたの個別の車が統計上の分布のどのあたりに来るか?は車固有の状態で大きく異なるため、査定をしてみないと分からないのです。

 

しかし、査定は人が介在すること、業界の利幅が大きいことから、売る側と買う側の力関係で大きく変動することが分かっています。

 

変動幅は分かりやすく言えば、業者の利幅をどこまで動かせるか?と考えると分かりやすいです。

 

ではこの利幅を動かすにはあなたは何をするのが効果的なのでしょうか?

 

ヒントは心理を使うことです。

 

車買取業者も商売です。慈善事業ではありません。表向きは資源の有効活用や売りたい×買いたい人の懸け橋になっており、社会貢献している事業ですね。

 

もちろんそれは間違ってはいないでしょう。しかしあくまでビジネスでやっているということを忘れてはいけません。

 

しかし、いくら様々な経費をかけているからといっても、不当な利益を搾取される必要はありません。
(買取り相場と中古車販売相場の違いを理解するとどれだけ利ザヤが大きい商売かを垣間見れます)

 

我々ユーザは車買取会社さんに利益を与えつつ、あなたが主導権を握ることが大切です。

 

あなたが売りたい価格を明確にしながら。

 

その車買取の目標価格に出来るだけ近づけるようにします。

 

その車買取の目標値に対して複数の業者から見積を取り、彼らの中で競わせるのです。

 

いわゆる競争入札のようなことをあなた主導で行うわけです。

 

車買取の専門業者はまずはあなたの知識を試します。

 

相場を知っているかどうかを。

 

無知を悟られると大変です。とんでもない安値を吹っ掛けてきます。

 

一度や二度ではないので注意が必要です。

 

自分で街の車屋さんに飛び込んで査定をいくつかとっても良いです。(同一地区にたくさん車屋さんが集まっている場合は無駄がありませんよ)

 

しかし、時間と手間がちょっとかかりますよね。

 

そこでインターネットによる車買取一括査定の出番なのです。

 

車売却査定には、車買取一括査定と、オークションの2タイプがあります。

 

これらを上手に使い分けると相乗効果を発揮します。

 

一説によると、車買取専門業者の利ザヤは約10%と言われています。

 

すぐに売れていくような車なら良いですが、いつまでも店頭で売れ残ると、維持管理費が馬鹿になりません。

 

車種・年式・走行距離・グレード・車検残・カラーなど人気の要素がどれだけ揃っているかにかかっていますが、コンディションが抜群で隠れた人気の車種も侮れません。

 

上手にアピールしてすぐに買い手が付きそうな雰囲気を、あなたが醸しだせばしめたものです。

 

安値を言ってくるような業者には売らなければ良いのです。

 

あなたの強気の姿勢も大切な要素なのです。

 

値段はお任せ、あなたの売りたい金額が明確でない、そもそも相場を知らない・・・なんて状況で一括査定を申し込むのは危険です。

 

いったん踏みとどまって下さい。

 

そして、あなたの現在の車がどのくらいの価格で中古車ショップで売られているのか?
買取り実績金額はいくらくらいなのか?
最低限このくらいの情報は整理しておきましょう。

 

 

 

 

トップへ戻る